看護師の転職

看護師の転職をご紹介!


看護師の転職

毎年5万人以上の看護師が国家試験に合格して、期待と不安のなか看護師としてデビューを果たしいます。しかし同時に5000以上の看護師が離職しています。その理由も「理想と現実のギャップ」で入職する前に思い描いていた看護師の理想のイメージと、現実とのギャップがあまりにも多いからのようです。

また看護師という職業はたとえ離職しなくても、転職を一度考えも考えなかった看護師はいないとも言われています。実際にこれまで1〜2度は転職したことがある看護師も多く、なかには3回以上も転職したことがある看護師もいます。

転職の理由ですがあるアンケート調査によると、過去1年以内に転職を考えた看護師のうち、最も多く挙げられた転職したい理由はズバリ給料のアップでした。年齢別にみた全国看護師平均年収は30歳の看護師で約400万円と、一般の企業で働く会社員と比べても決して低くはありません。

しかし看護師の仕事は夜勤や残業など勤務時間や勤務シフトを考えると、労力に見合った十分な収入が得られていないとう思いが常にあります。さらに看護師が転職を考えるのは、収入の問題だけではありません。看護師という職業は、失敗が許されない仕事です。

看護師のひとつのミスが、患者さんの生死に関わることも少なくありません。このようなプレッシャーと闘いながら同僚の看護師や、上司との人間関係に悩んでいる看護師はたくさんいます。労力の割りに給与が少ないという理由だけではなく、かずかずのプレッシャーや人間関係が転職を決意する背景としてあるのです。

また結婚や妊娠を期に、転職を考える看護師も少なくありません。これは結婚や妊娠をすれば当然ですが生活のスタイルが変わったり、仕事よりもお腹の赤ちゃんを優先するからです。どうしても入院患者さんがいる病院だと、夜勤が避けられません。

いくら結婚したとか妊娠していると言っても、夜勤や残業がなくなるわけではありません。あとは夜勤や残業がない、転職先を探すしか方法がありません。看護師が転職した病院では欠員した看護師を補充するために看護師の求人を行いますから、看護師が転職先を探すのに困ることはありません。

病院は診療報酬のみで経営しているので、経営を健全に行う上でも看護師の基本給は低く設定されているという病院経営者もいます。しかしこのような悪循環を断つためにも、看護師が長く勤めたいと思うような環境を作ることが大事なのではないでしょうか。

大学病院の手術室の看護師求人