看護師男性の割合リアルタイム調査

看護師男性の割合をご紹介!


看護師男性の割合

女性の仕事というイメージが強い看護師ですが2002年3月にこれまでの「保健婦助産婦看護婦法」から、「保健師助産師看護師法」と改正されるとともに同年施行された男女雇用均等法により男女の区別なく看護師と呼ばれるようになりました。

慢性的な経済不況による厳しい雇用環境が続く中で、安定した職業として看護師という職業は女性に限らず最近では男性にも人気の仕事です。そのため看護師や准看護師を、目指す男性が増えています。日本の男性看護師の占める割合は、看護師の場合で約5%で准看護師の場合で約6%です。

日本では看護師は女性の仕事というイメージが強いのですが、アメリカでは看護師は男性の職業としてもきちんと認識されています。その点日本では男性看護師の存在はまだ珍しく、病院などでも白衣を着ていると医師に間違えられることもあるそうです。

それと日本では更衣室や休憩室もまだ女性のみの病院が多いため、男性看護師の受け入れを行っていない病院も少なくありません。また看護師の仕事は高齢者の方のオムツの交換などもあり、女性の患者さんのなかには男性看護師を嫌がる傾向もあるようです。

しかし最近では男性の看護師さんが担当の患者さんの部屋で採血したり、点滴の交換や体温のチェックなどを女性の看護師と同様に行っている姿を見かけるようになりました。体力も必要な看護師の仕事ですから、男性看護師は今後ますますニーズがあるはずです。

精神科とか整形外科などの診療科ではどうしても介助が必要なので、男性看護師は今後ますます頼りにされると思います。ただ看護師という仕事はどうしてもまだまだ女性が多いため、偏見などを気にせずやり遂げられるかどうかがポイントになるかもしれません。

精神科や整形外科に配属されることが多い男性看護師ですが、今後は手術室やドクターヘリなど体力が欠かせない部署での男性看護師への期待も大きいです。何時間も立ちっぱなしになることもある手術室での勤務は、体力がない女性の看護師にはつらいものがあります。また離島や僻地などで活躍するドクターヘリなども、男性看護師であれば患者さんをヘリまで運ぶこともできます。

それと数はまだ少ないのですが小児科で働いている男性看護師もいて、子どもたちには人気があるようです。男性看護師には女性の看護師にはない、別の優しさを子どもたちが感じ取るようです。いずれにしても将来はいろいろなところで活躍する、男性看護師の姿を見かけることでしょう